読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備前焼わかくさ店主のブログ

備前焼ネット販売店【備前焼わかくさ】を運営している店主のブログ。日々の出来事を書いています・・。

侘助と蹲・・

今日も冷え込んでいますね・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。いつも素敵な画像を送って下さるお客様です。備前焼は多久守先生の蹲(うずくまる)。 花はピンクの侘助。時間の経過と共に、胡麻と緋襷が日々深みを増して極上の景色となっていること…

アネモネと一重切花入・・

雪もほとんど融けてしまいましたね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。アネモネと高力芳照先生の一重切花入。 雪の中で撮影されたもの。胡麻の景色が控えめな印象の花入れでしたので、カラフルな花にも合わせやすいですね。 カラフルな花を合わせる時…

黄色い薔薇と鎬花入・・

また寒さが戻ってきましたね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。いつも素敵な画像を送って下さるお客様からです。この花入れは伊勢崎競先生の鎬花入。 穴窯の明るい景色が魅力な小壺です。生けた黄色い薔薇はゴールドラッシュと言う名前だそう。 素敵…

フリージアと一重切花入・・

曇り空の岡山です。 今日はこれから雨になりそうですね・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編です。いつも洋花を備前焼に合わせてくださるお客様です。今回ご購入いただいたのは高力芳照先生の一重切花入。 素朴な胡麻の景色が愉しめるシンプルな造形…

おせちと台鉢・・

すっかりお正月気分も抜けて、普段の生活リズムに戻ってきました。明日からは新着商品の更新も始まります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。伊勢崎紳先生の台鉢におせち料理を。 レンゲも紳先生の塩青焼。新春に…

寒あやめとさごし・・

グッと冷え込みましたね。 午前中は店の中も吐く息が白かったです。【おしらせ】 明日14日(土)午前中、仕入れの為、臨時休業となります。 午後から開店予定ですが、備前へ行ってまいりますので帰りが遅くなりましたら開店が遅くなる場合もございます。 …

寒あやめと擂鉢・・

風が強く荒れ模様の岡山です。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。寒あやめに多久守先生の擂鉢です。寒あやめの凛とした表情が際立っているのは重厚な擂鉢が効いているからでしょうか。 見ていて落ち着きますね・・。花入れ用の擂鉢を探されていて、前回…

深紅の薔薇と備前焼・・

昨日に引き続き、快晴の岡山です。 絶好の行楽日和ですよ。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。いつも素敵な画像を送っていただくお客様からです。伊勢崎卓先生の手桶花入と深紅の薔薇の取り合わせ。 素朴な桟切の景色が薔薇との相性よく、後ろの絵画と…

備前焼のレンゲ・・

快晴の岡山です。今回の備前焼を愉しむはお客様編。 伊勢崎紳先生のちょっと珍しいアイテムのご紹介です。塩青焼で作られた備前焼のレンゲ。 料理好きなお客様から、以前から気になっていて購入してみたとメールが届きました。これは料理の盛り付け用に作ら…

トルコキキョウと備前焼・・

昨日は雨にたたられましたが、今日は快晴となりました。 近所の干拓では航空ショーのイベントがあり、朝からヘリコプターの音が聞こえています。 今日は晴れてよかったですね。【おしらせ】 11月6日(水)は藤原康先生の個展へ伺ってきます。 その後、備…

針烏賊と水菜のサラダと備前焼・・

今日から11月。 今年もあっという間にあと2ヶ月ですね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像を送っていただくお客様からです。多久守先生の角皿に針烏賊と水菜のサラダを。 フレッシュなサラダのみずみずしさを備前焼が引き立ててい…

薔薇と備前の徳利・・

秋も一気に深まってきましたね。 今朝もかなり寒かったです・・。 そろそろストーブの試運転をしておきましょうかね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 薔薇の花がお好きなお客様からの画像です。お買い上げいただきた備前の徳利に。 淡い色合いの素…

秋の味覚と備前焼・・

台風27号の進路が気になりますね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。先日、ご購入いただきました角皿を早速使っていただきました。秋の味覚、柿を盛り付けて・・。この角皿は表面には文様が施されており、質感のある仕上がりとなっています。 普段使…

薔薇と緋襷徳利・・

もうすぐ彼岸入り。 今年は三連休が2回続くシルバーウイークですね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 先日、伊勢崎卓先生の緋襷徳利をご購入いただきましたお客様からです。金色の発色が見られる緋襷徳利を一輪挿しとして。 敷物のオレンジと薔薇の…

百合と大筒花入・・

こんにちは。備前焼わかくさです。 今日の備前焼を愉しむはお客様編。以前より百合の花を生ける大きい筒花入をお探しで、当店でも探してみたのですがなかなか見つからずお待ちいただいておりました。 最近になり、ようやく見つけてきた大筒花入です。シンプ…

備前焼の長方皿を・・

こんにちは。備前焼わかくさです。 またちょっと暑さが戻ってきたようですね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像を送っていただいているお客様です。今回はサーモンにイカの刺身、だし巻き卵。 使用されているのは多久守先生の長方皿…

名残の桔梗に備前徳利・・

7年後の東京オリンピック開催が決まりましたね。 これはオリンピックを生で観戦できるチャンス。 楽しみが一つ増えましたね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 名残の桔梗を多久守先生の徳利に。渋い焼け上りに桔梗の白が映えますね。徳利を花入れに…

鱧フライに角皿・・

よく雨が降りますね・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも料理や花を活けて画像を送ってくれているお客様です。今回は鱧。 盛り付けには多久守先生の角皿。 素朴な風合いが楽しめる食器ですね。鱧はよく湯引きにされますが、お客様の一押しが…

桔梗と立鼓・・

今回の備前焼を愉しむはお客様編です。多久守先生の作品【立鼓花入】。多久守先生の焼成テーマのくゆしにより落ち着いた印象に上がっています。この花入は多久先生がくゆしに取り組まれ始めた頃の作品。 造形的にも備前では珍しい立鼓(りゅうご)です。白の…

河原撫子と備前徳利・・

今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像をありがとうございます。先日お買い上げいただいた多久守先生の徳利。南蛮のような質感の徳利です。 河原撫子を・・。非常に存在感のある徳利に惚れ込んでご購入いただきました。この徳利、今後どのよう…

紫陽花と備前擂鉢・・

なかなか梅雨明けとはいきませんね・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像を送って下さるお客様です。前回お買い上げいただいた多久守先生の擂鉢。 花にボリュームのある紫陽花を。淡い色合いの紫陽花が備前に映えますね。いつも素…

紫陽花と擂鉢・・

なかなか雨が降りませんね・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。先日ご購入いただいた多久守先生の擂鉢に紫陽花を。 花を生けるため、口が立ち上がっている擂鉢を探されていてちょうどタイミングよく出逢いがありました。多久先生らしい土味を活かし…

鰹のたたきと台鉢・・

今日も曇り空、肌寒い岡山です・・。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様から。 いつも素敵な画像を送っていただいているお客様です。鰹のたたきと伊勢崎紳先生の台鉢。 台鉢の魅力を活かした豪快な盛り付けですね。鰹のたたきも美味しそうです・・。 いつも…

山紫陽花と雀口・・

中国地方、どうやら梅雨入りしたようです。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 梅雨入りに合わせたように咲いた紫陽花を備前焼に。備前焼は多久守先生の伊部手雀口徳利。 濃厚な胡麻がかかり非常に存在感がありました。合わせたのは斑入りのちょっと珍…

都忘れと備前焼・・

気持ちの良いお天気が続いていますね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像を送っていただくお客様からです。多久守先生の緋襷大徳利に都忘れ。 落ち着いた緋襷は渋く、観ていて飽きません。 使っていくと発色の変化もあり、愛でるには…

白山吹と蹲・・

昨日から急に冷え込んでいる岡山です。 今日も肌寒くて朝からストーブが活躍しています。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 白山吹と多久守先生の蹲壺です。今、倉敷で個展開催中の多久先生の作品に生けていらっしゃいます。 胡麻に薄らと緋襷が入った…

スノーフレークと小壺・・

昨日の荒れ模様から、天候も回復してきました。 幾分風が吹いているものの、快晴の岡山です。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 お買い上げいただいた高力芳照先生の小壺にスノーフレークを。 丸くシンプルな造形で胡麻の素朴な景色。 花器としての存…

赤貝に鯵の骨せんべい・・

今回の備前焼を愉しむはお客様編。瀬戸内の味覚を備前焼に・・。 多久守先生の長方皿へ盛り付けされています。 瀬戸内で獲れた新鮮な赤貝に鯵のお刺身です。 小分けにして盛り付ける方法は、長方皿を活かす参考になりますね。 鯵の骨はから揚げにして骨せん…

クリスマスローズと蹲・・

おでかけには絶好のお天気ですね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。 いつも素敵な画像を送っていただいているお客様からです。今回はクリスマスローズ。 花器は多久守先生の蹲花入れ。 胡麻に薄らと緋襷の控えめな景色です。 この手の花入れは何にで…

洋とのコラボ・・

とても気持ちの良いお天気となりました岡山です。 おでかけにはちょうど良い日曜日ですね。さて、今日の備前焼を愉しむはお客様編。 先日、お買い上げいただきました辣韮花入。 お届け後、すぐに使っていただきました。備前焼に生けているのは真っ赤な薔薇。…

備前焼の共演・・

今日から3月ですね。 さて、備前焼を愉しむはお客様からの画像をご紹介します。 いつも備前焼の画像を送ってくれているお客様からです。 今回は多久守先生の立鼓花入と金重有邦先生の筒花入の共演。 奥の多久守先生の花入れは当店で、手前の金重有邦先生の…

水仙と三角筒花入・・

今日の備前焼を愉しむはお客様から送っていただいた画像をご紹介します。多久守先生の伊部手の筒花入。三角に面取りが施されています。濃厚な景色に可憐な水仙の花がよく合いますね。筒花入はお気に入りを1本用意しておくと便利です。サイズも大と小の2種…

山採りの椿・・

快晴の岡山。今日は絶好の行楽日和となりましたね。さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。山採りの椿と多久守先生の瓢一輪です。落ち着いた雰囲気の一輪挿に椿がよく合っていますね。この一輪は多久守先生のネット個展作品。お買い上げいただいた当初より…

〆サバにカンパチ・・

今日はお客様からの画像をご紹介いたします。いつも画像を送っていただくお客様からです。豪快な多久守先生のたたき皿にカンパチと〆サバの盛り合わせ。実はかなり大きな長方皿で、カンパチの左側には烏賊の刺身も盛り付けされています。 大きすぎてカメラに…

備前焼の守備範囲の広さ・・

雨の岡山です。 朝から肌寒くストーブが活躍しています・・。 さて、今日のブログはお客様からの画像をご紹介します。 いつも当店をご利用のお客様から。 多久守先生のたたき長方皿をメインに据えて洋風イタリアンです。 盛り付け方や磁器など器の組合わせ方…

雀口徳利と名残の桔梗・・

今日はお客様からの備前焼を愉しむです。いつも料理を盛り付けて画像を送って下さるお客様から。庭に植えていらっしゃる桔梗がまだ咲いているとの事。名残の桔梗、綺麗ですね。この雀口徳利は花入れにも積極的に使われていらっしゃるようです。用途にとらわ…

備前焼とスジガツオ・・

今日の備前焼を愉しむはお客様編です。伊勢崎紳先生の台鉢にスジガツオのたたき。盛り付けも素晴らしいですね。 瀬戸内産のスジガツオ。身が柔らかく、さばくのが難しい魚だそうです。送っていただいた画像を見ていたら、無性にアツアツごはんが食べたくなっ…

備前の角皿は魅せる盛り付けに・・

このたび新しくブログテーマを作ってみました。題して【備前焼を愉しむ(お客様編)】。お買い上げいただいた備前焼が、その後どのように活用されているのか・・。お客様から画像を送っていただきブログでご紹介したいと思います。第一弾の今回は多久守先生…