読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備前焼わかくさ店主のブログ

備前焼ネット販売店【備前焼わかくさ】を運営している店主のブログ。日々の出来事を書いています・・。

貝母百合と緋襷大徳利・・

備前焼を愉しむ(お客様編)

f:id:bizenwakakusa:20170323110411j:plain
曇り空の岡山です。
今日は冷え込んでいますね。

さて、今回の備前焼を愉しむはお客様編。
多久守先生の緋襷大徳利に貝母百合。

しっとりと濃厚な色合いに育ってきた緋襷。
風格が増してきていますね。

時代を重ねるごとに育っており、まだまだ変化していきそうです。

いつも素敵な画像を送っていただきましてありがとうございます。


備前焼わかくさ

備前焼の舟徳利花入と塩青の茶盌をアップしました・・

本日の新着商品

f:id:bizenwakakusa:20170322185851j:plain
朝からポカポカ陽気の岡山です。
昨日は久々の雨でしたが、今日は晴れましたね。

さて、毎週水曜日は新着商品の更新日。

今回は藤原先生の塩青の茶盌と伊勢崎卓先生の舟徳利花入。

塩青の茶盌は表面が滑らかで備前焼特有のザラツキもなくおすすめ。
また、舟徳利は気軽に飾れる花入れとしておすすめです。

この機会にいかがでしょうか。

本日の新着商品
・塩青茶盌(藤原康)
・舟徳利花入(伊勢崎卓)
詳細はこちらから⇒備前焼わかくさのホームページ



本日ご紹介した備前焼は、すでにホームページに掲載しています。

当店の備前焼はすべて1点モノにつき、すでに売り切れの場合はご容赦くださいませ。
備前焼わかくさでは、若手作家ものを中心とした、温もりあふれる備前焼を掲載しています。

普段使いはもちろん、大切な方へのギフトや大事な場面のお遣い物に。
おすすめのアイテムが充実しています。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


備前焼わかくさ

桜餅と備前緋襷鉢・・

備前焼を愉しむ

f:id:bizenwakakusa:20170320114615j:plain
久しぶりに天気が崩れましたね。

さて、今回の備前焼を愉しむは桜餅。
使用したのは細川敬弘先生の緋襷鉢。

ロクロではなく、たたきで作られており土の素朴な風合いが愉しめます。
あると便利な、普段の料理の盛り付けにちょうど良いサイズ。

使うほどにしっとりと育ってくるはずです。


f:id:bizenwakakusa:20170320114632j:plain
桜餅。
もうそろそろ桜の季節ですね。

満開の桜を早く観たいものです。


器:緋襷鉢(細川敬弘)
菓子:桜餅



備前焼わかくさ

春が来た・・

備前焼屋の日常

f:id:bizenwakakusa:20170320113546j:plain
今日は春分の日
春の陽気になりました岡山です。

朝からポカポカと暖かくなりましたね。
鉢植えの植物たちも一斉に芽吹いてきましたよ。

画像の芽吹きは岩菲。
初夏にオレンジの花が咲きます。

なんともいえない美しい色合いで大好きな花です。
早く咲かないかな・・。

ようやく春がやって来ましたね。


備前焼わかくさ

広告を非表示にする

使いやすいとかっこいいのあいだ・・

備前焼屋の日常

f:id:bizenwakakusa:20170319110145j:plain
3連休ど真ん中。
ポカポカ陽気の岡山、いかがお過ごしでしょうか。
今日はお出掛けには最高ですね。

さて、ホームページのリニューアルですが、徐々に形になってきた、

ような・・、

気が・・、

しています。
私の妄想かもしれませんが・・。

只今、目の前にある課題は使いやすさ。
見た目のかっこよさを重視すると使いやすさが低下してしまうような・・。

雰囲気だけで中身のないサイトにはしたくないんですよね。
備前焼1点1点をちゃんとお伝えして販売して行きたいと思っています。

若い方から年配の方まで、だれでも使いやすくしたいと知恵を絞っている所です。

使いやすいとかっこいいのあいだ。
その頃合いがなかなか難しいんですよね。

納得のいくまで作りこめばいいんでしょうが、時間も限られていますし、たぶん終わらない・・。
今のサイトの良い所を残しながら、使いやすさを追求していきたいと思います。

頑張りますので、ご期待くださいませ。

あ、そもそもかっこよさなんて私のセンスには無かった・・。



備前焼わかくさ